シミを消す

若いうちにできたシミを消すには?

 

若いうちにできたシミを消すには、どうすればいいのでしょう。シミができるのは、25歳以降が多いのですが、なかには高校生からシミができる人がいます。
10代の一番肌が若々しい時期に、シミトラブルに悩まされるというのは、何とも残酷な話です。若いうちにシミができる人は、遺伝の可能性があります。両親や身内がシミのできやすい体質の場合、子供に遺伝する可能性が高いので、普段から紫外線対策は万全にしておく必要があります。

 

若いうちにできたシミを消すには、早い段階でケアするように努めることです。おすすめは、ハイドロキノンやビタミンC誘導体などの美白成分が配合されたスキンケアを使用することです。

 

そして食生活にも気をつけ、野菜や果物などを積極的に摂ることです。若いうちにできたシミについても、大人と同様のシミ対策をするのが一番です。
ただ、サプリメントや薬については、若いうちに使用すると刺激が強すぎるので、医師とよく相談して使用する必要があります。若いうちにできたシミを消すには、できるだけ早く対策を打っていくことが大事です。

 

肌のシミを消すコスメ

 

よく耳にするメラニン色素とは、具体的にはどんなものなのでしょうか。メラニン色素は、肌や毛髪、瞳の色を作る色素のことで、「メラニン色素」とか「メラニン」と呼ばれています。
黒や褐色は「ユウメラニン」、赤毛などに含まれている黄色、赤は「フェオメラニン」と呼ばれています。一般的には、メラニンというと、ユウメラニンのことを指している場合が多いです。皮膚内にメラニン量が多いと、肌は黒く見えるのです。

 

夏に肌が黒くなるのは、肌のメラニンが紫外線を吸収して細胞を守ろうとしているからなのです。メラニンと聞くと、お肌の敵と思う方もいるかもしれませんが、実際には、お肌を紫外線から守っているんです。メラニン色素が沈着してしまうと、シミになるのです。ですから、シミを作りたくないと思ったら、紫外線を不必要に浴びないようにしたり、UVカットの日焼け止めクリームなどを使うのが有効なのです。
色素沈着したメラニン色素は、お肌のターンオーバーではがれ落ちますが、紫外線の浴びすぎ、ストレス、ターンオーバーの乱れなどでメラニンが停滞することもあります。

 

顔のシミを消すために知っておきたいこと

続きを読む≫ 2015/07/06 18:29:06